TEL090-9965-7924

55歳が境界線 睡眠は量より質  

年をとってから表れ始めた睡眠の悩みを抱えている中高年は多いそうですね。
それが原因で、不眠症になってしまう方もいらっしゃり
その為にも高齢者向けの睡眠対策が必要となってきます。

全国で睡眠セミナーを開催している作業療法士の菅原洋平氏は言う
早朝に目が覚めてしまうのは[睡眠]と[覚醒]のリズムが前倒しになるからです。
睡眠は大きく[前半]と[後半]と二つに分かれます。
前半はよく眠ることによって成長ホルモンの分泌を促し、後半は覚醒するために
コルチゾールという物質を分泌させます。
高齢になるにつれて、成長ホルモンを分泌させる必要がなくなってくる為に
その量も減ってしまいます。
その分、コルチゾールが優位となり、目が覚めるのが早くなってしまうのです。

男性の場合、55歳を境目にそうした睡眠の崩れが表れるそうで
このことを知らない人が、よく眠れなくなってしまった・・・と焦ってしまう。
理想の睡眠時間として「1日8時間」という数字があげられますが、
中高年・シニア世代は、そんなに眠る必要がないということを理解しておけば
不眠で悩む必要はないですね。

タイトルとURLをコピーしました