TEL090-9965-7924

「ペット信託」によって 高齢者が安心してペットを飼える時代に

子供が巣立ったのがきっかけでペットを飼い始めた という方も
多くいらっしゃるのではないでしょうか?
ペットは、ある人にとっては、子供だったり、家族だったり
かけがえのないパートナーだったりします。

でも、自分が病気をして面倒を見ることができなくなってしまったら・・・
自分の死後、愛するペットは誰が面倒を見るのだろう・・・
高齢化が進む中で そんな悩みに答える方法として
「ペット信託」という方法があるそうです。

※ペット信託 : 飼い主に万が一の事があった場合に備えて、あらかじめ飼い主の
                        財産の中から
ペットが天寿を全うできるまでの費用を別管理し
                        ペットの世話を託せる人にお
任せするという仕組み。
 

実は、遺言書に記すだけでは、ペットの為に遺産が使われない事が多い」と
ペットの相続専門の行政書士として活動する服部薫さん(31)は語られています。

生前のうちに葬儀や墓などの準備や、財産の相続のことについて計画を立てるだけでなく
ペットのことについても、きちんと遺志を残しておきたいですよね。
愛犬家が多くなってきている今、「ペット信託」のニーズは高まっていくことと思います。
タイトルとURLをコピーしました