TEL090-9965-7924

老眼に効果がある「ルテイン」とは?

目を衰えさせる活性酸素を発生させるものに 排ガス、たばこ、電磁波
そして紫外線が上げられます。
紫外線は目の“水晶体”が影響を受けます。
活性酸素の酸化作用により水晶体のタンパク質が硬くなってしまうことで
本来の弾力が失われてしまいます。
これがいわゆる 老眼の元になっているのです。
老眼は目の水晶体が硬くなってしまうと集点の合う範囲が狭くなる為、
近くのものが見えづらくなる症状のことを言います。
 
人間の体には、活性酸素を取り除く機能もありますが、活性酸素が過剰に蓄積されたり、
加齢によって除去する力が弱まったりすると、目にも悪影響が出てきます。
そこで、活性酸素から身を守る物質(抗酸化物質)を日頃から食べることが有効になります。
「目の老化や目の疲れを防ぐ効果があるとして注目されている栄養素が『ルテイン』です」
と、東京・上野の吉野眼科クリニック院長、吉野健一氏。
 
ルテインは、目の網膜や水晶体などに存在し
目に入った紫外線を吸収する効果があると言われており
水晶体が硬くなる現象を抑えてくれます。
このルテインは、体内では生成できない為、食べ物から摂取する必要があります。
ルテインは緑黄野菜に多く含まれ、代表的なものは、
青汁の材料のケールや、ホウレン草、ブロッコリー、芽キャベツなどにも含まれます。
この他、目の健康に良い栄養素はビタミンA、B郡、C、E。
特にビタミンCには活性酸素を除去する働きがあり
水晶体の透明度を維持し、目の若さを保つ効果があります。
代表的な食べものは、いちご、キウイフルーツ、かんきつ類、ピーマンなど。
ただ、吉野氏は「どの栄養素も目に良いからといって取り過ぎは禁物」と
バランスの良い食事を提唱されている。
 
このルテインを上手に取り入れたいですよね。
ルテインは脂溶性成分(油に溶けやすい)である為、炒め物や揚げ物などの油を使った料理や
アーモンド、ピーナッツ、ゴマといったナッツ類と一緒に摂ると、吸収率が高まります。
例えば、野菜炒め、ホウレン草のゴマ和えといった料理は手軽に作れるかと思います。
さて、ルテインの摂取量の目安ですが1日6㎎~12㎎程度だそうです。
よって普段の食事から摂取することは可能ですが、調理損失のこと等を考えますと
1日にどのぐらいルテインを摂取できているのかしら…ということにもなります。
その点、サプリメントでの摂取であれば、毎日一定量のルテインを摂取することができるので
上手にサプリメントも服用するのも良いかと思います。
 
ご自分にあった方法で上手にルテインを摂取してみてくださいね。
 
平成26年3月2日 読売新聞 
タイトルとURLをコピーしました