TEL090-9965-7924

中高年は「ロングステイ」が注目!!

中高年の間では長期間を海外で過ごす「ロングステイ」が注目されています。
近畿日本ツーリストのロングステイアドバイザー 楠見洋子さんは
ロングステイのメリットとして
「物価は日本の3分の1程度なので、生活費を抑えられる」
「英語が通じて親日的」
「観光・商用目的で90日以内の滞在はビザは不要。
 ロングステイをする人向けのマレーシア・マイセカンドホームビザを取得すると
 最長10年の滞在許可を得られ、更新も可能」
と説明されている。

また、ロングステイは一定期間、海外での生活となる為に通常の旅行よりも
注意が必要とのことです。
《ロングステイの注意点》
①現地の文化や生活習慣、宗教などを事前に学習する。

②3ヶ月以上滞在する場合は、大使館などに在留届けを出す。

③日本のと寒暖の差があったり食べ物が合わなかったりするので
 健康管理をしっかりすること

④滞在が長期化して高齢になると、外国語が出てこなくなったり
 日本食以外を受け付けなくなったりすることがあるので
 いつでも帰国できる拠点を日本に残しておくこと

ロングステイ先は、マレーシアとタイが人気だそうです。
温暖な気候で過ごしやすく 日本からも近いですしね。
春と秋は日本で過ごし 夏と冬は海外で過ごすというような 生活を送るのもいいですね。

2014年4月8日 読売新聞より

タイトルとURLをコピーしました